-- --/--

スポンサーサイト

スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
16 04/2013

After 4/13 Moonlit Lounge @Jicoo the floating bar

音楽トラックバック:0コメント:0

オーガナイザー、スタッフの努力と経験が一つのショーを完成させる。
もう何回目になるんだろう、このJicooというじゃじゃ馬との付き合いは。

とにかく船なんですよ基本。なので音を作るのは本当に大変。
特にわれらがJoiさんのスタイルで、まともに演奏が出来ている時点でちょっとした奇跡なんです。
彼のスタイルは、歌唱の基本をファルセットに置いている。もちろんゲインは取り辛く、四隅をスピーカーに囲まれたクラブスタイルの会場ではハウリングのリスクが付きまとう。しかしJoiさんはあきらめないんですね。出来うる限りの努力を注ぎ込んで一つのショーとして完成を目指すんです。

これはWadooを中心としたダンサーたちも同様。ものすごく限られたスペースでギリギリのパフォーマンス。結果的にいつも狭さを感じさせないステージを仕立て上げてます。今回のダンサーWadoo、Yoshiyuki、AIKOの三人にはとにかくやられました。
130413Jicoo_Wadoo_Yoshiyuki.jpg 130413Jicoo_AIKO.jpg
感動と言って差し支えないクオリティー。Jicooがまさに僕たちのキャンバスになった様に躍動するんです。

そんな中で、サックス吹きの自分に何が出来るのか。
紡ぎ上げたい音は彼らによって見させられる。だから今回の演奏が良かったとしたら、それは僕だけの功績では到底ありません。Moonlit Loungeというイベントが、それにかかわる全ての人が僕に吹かせてくれたそういう音なんです。
130413Jicoo_DJKenta.jpg

Moonlit Loungeはまだまだ続きます。そして、僕を含めた貪欲なクリエイター達はさらなる高みを目指します。
なので、次回は絶対参加した方がいいです。
最高のステージに対してギラギラしている連中を見たくないですか?
マジで。
スポンサーサイト
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。