-- --/--

スポンサーサイト

スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
22 06/2011

疾走する帝王マイルス・デイビス

音楽トラックバック:0コメント:0
ずっと前に見逃した~と嘆いていた番組がありまして、最近僕のTwitterのTL上にその番組動画を発見しました。(Shibaさんありがとう!)
僕が地上波で見た時には番組は後半に入っており、残念だったことを覚えていた番組です。

ETV特集 疾走する帝王マイルス・デイビス~菊地成孔のジャズ講座~



マイルスの自伝も当然読みましたし、マイルスの音楽を聴き演奏もしある時期は研究もしてきました。

でもこうやってまとめられると、やっぱり面白い。
特別な人であり、特別な人生だった。
なんかものすごく高い次元での飽きっぽさがある人だった様にも感じられます。

どんどん次に行く。
次に行くって事は、今までのことを捨てていく事だしそれは勇気のある行動なんです。

「古いのが聴きたきゃ、レコードを聴いてくれ」

とかくミュージシャンはそれほど多様な音楽性を持っているわけではありません。
有名なミュージシャンでも、特徴的な“型”を持っています。
音楽性がポップになればなるほどその“型”はがちっと固まっていて、大きく逸脱することはない。
逸脱は聴衆を裏切ることになって、人気を左右するから。
その人のアイデンティティーを左右するから。
特に日本のミュージシャンにはその傾向が強いかもしれません。

マイルスやコルトレーンはその人生で、何度も音楽性を変化させる。
何かに導かれてたのではなく、自らの意思で。
または自らの欲求の満足のために。

見てない人、まだマイルスを知らない人、Jazzを聴いてみたい人は是非見てください。
スポンサーサイト
16 06/2011

クリエイティブな人々

雑感トラックバック:0コメント:0
ageHa_pool.jpg
いい大人でも、親しい間柄でも、分からないことはあります。

自分がてっきり常識だと思っていても、その非常識性に気づけない場合も多い。
今のネット社会はまだ文字が中心です、少なくとも僕には。
なので、語彙が少なかったり表情などの見た目からくる情報が少ないというだけで誤解してしまうシーンも多いです。

とかく芸術家を自認している人や、周囲の反応からそれに気づいてしまった人に驚くようなメールを投げかけられることが多いのです。

実務中心のエンタメ業界の人の発言に面白いものを見つけました。
Tumblrで見つけた発言だったのでもはや誰のものだったかはわかりません。

クリエイティブ系の仕事をしている人の自分自身を特別視する態度に我慢がならない。

特別売れていなくても、そうなる人はなる。

例えば、多少のワガママは許されてしかるべきという態度。

個性的でなければならないという縛りに何かを演じ続けなければならなくなった普通の人。

僕もミュージシャンなのでクリエイティブな仕事をしています。
でもね、なんか我慢ならないことってやっぱりあるんです。

人のふり見て我がふり直せ。

マイルスは共演者にあたたかい人間性は求めていませんでした。
出てきた音楽がよければ、それでよい。
仲良しクラブの寄り合いではないんだから当然の態度です。
しかもマイルスの発言ですからね。

それでも礼は尽くさないと。
人間がやっていることなんですから。
07 06/2011

6/10 SUNMOON music Presents 「Re:lux vol.2」

告知トラックバック:0コメント:0


作曲して編曲して、指揮までして、もしかしたらスケジュール管理までして…
ただのプレイヤーから僕は脱出したくてしょうがなかった。
僕は音楽を作りたくなってしまってからもうずいぶんと長い時間がたちます。

学生時代夜通しその議論をすることも少なくなかった。
実際に音をつむぐプレイヤーが偉いのか、その元になる曲をつくる作曲家が偉いのか。

実際の音楽制作において、現在ではそれ以外のたくさんの要素が存在する。
でも、僕は何も知らなかった。

このライブは僕の作品を真正面から発表できるライブです。
だから是非見に来て欲しい。

僕は曲を作り、サックスで歌います。

SUNMOON music Presents 「Re:lux vol.2」

■場所:SEED SHIP 下北沢
http://www.seed-ship.com
世田谷区代沢5-32-13 3F
Tel:03-6805-2805

小田急線下北沢駅南口より徒歩5分
マクドナルドとみずほ銀行ATMの間の道に入ります。
道なりに進んで右手に餃子の王将が見えたら左折。
ピュアロードという道に入ります。(八百屋さんと服屋さんの間の道)
右手に古着のシカゴ、酒屋さんを過ぎた右手のビル
茶沢通りからは代沢5丁目の信号を曲がってください。


■時間:6/10(金) 18:30~22:30

■チャージ:¥2,500(1drink)

■DJ:
Hiroshi Ogawa(H.Garden)
http://www.myspace.com/hgarden
DJ19
http://dj19.19boxrec.com

■LIVE: 
 
 20:00~ Shintaro Kurihara
http://saxman220.blog94.fc2.com/
21:00~ South Pitch
http://www.myspace.com/southpitch

Produced by Mster Mind Productions
http://www.mastermind-productions.jp
map.jpg
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。