-- --/--

スポンサーサイト

スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
27 10/2009

飛んでイスタンブール~♪

雑感トラックバック:0コメント:0
まずはご報告。
今回から、Blogのデザインを一新しました。
以前と同様、よろしくお願い申し上げます。

mayo-san event1

あの昭和の名曲、「飛んでイスタンブール」でおなじみの庄野真代さん率いる国境なき楽団のイベントに参加しました。

子供時代に聞いたあのヒット曲で自分が演奏できたこと自体、感涙ものでした。

現在の真代さんはもう50代ですが、大変お美しく、歌声はあの頃のままでした。おぼろげな記憶ですが…。

mayo-san event3

このイベントでは演奏以外に、真代さんプロデュースの引退世代中心の音楽公開レッスンを行われました。

サックスの参加者が大変多く、僕は講師として参加させていただきました。

二日間、計4レッスン。
全てに参加した方もいらっしゃる大盛況で、短い時間ながら僕も精一杯努めさせていただきました。

受講生の皆さんはホントに真剣に取り組まれており、その姿勢に僕自身も本気にさせられたという感じでした。

紅一点のフルートの女性と、5名の諸先輩受講生。

mayo-san event2

イベントの最後には、来場のお客さんに向けて練習した曲を発表しました。
これがなんと言うか短い時間だったのに、教えた僕の方が緊張してしまいました。
そして何より、皆さんが大変よい演奏をしてくださった事に大感動!

暖かい時間になりました。

バンドリーダーのPerc.BUN太さん、声かけてくれてありがとうございました。
よい経験になりました。

これからも国境なき楽団のすばらしい活動頑張ってください!

国境なき楽団HP
スポンサーサイト
17 10/2009

Live in Autumn

告知トラックバック:0コメント:2
Liveの告知です。
いずれもJoiのBandの一員として参加します。

●10/23 彩-IRO-@麻布十番 Warehouse702

●11/2 Body&Soul live in Tokyo 2009 @新木場 ageHa

皆さんお誘いあわせの上、ご来場下さい。
m(__)m


☆10 / 23(Fri)
彩 -IRO- vol.56
iro.jpg

@Warehouse702 (麻布十番)
http://www.warehouse702.com/top.html

[HOUSE,TECHNO]
OPEN/22:00
DOOR:3500 W/F:3000

[LIVE] Joi (深夜25時台)

[DJ]
NORI / HIRO / KATSUYA / ICHIRO / TOSHIYUKI GOTO / KENJI HASEGAWA

数々のパーティを手掛け、東京のダンスミュージック・シーンの中核を担うbran new made inc.。
その16周年となるこの日は、創立前から現在に至るまでJungle BassやSpeak Easy, GOLD, YELLOWといった人気のヴェニューで開催されてきた”彩-iro”を、スペシャルバージョンでお届け。
魅惑のファルセット・ヴォイス、 Joiのライブを始め、オールスターDJ陣で送る”Warehouse702”。
外苑西通りを挟んで向かいの”Deperture Lounge”では、ゆかりのDJや写真・映像の上映会などを開催。
一度入場すれば2店舗とも出入りしながら遊べますので、フロアごとに展開される異世界を彷徨おう!


☆11 / 2  (Mon・祝前日)
Body&Soul live in Tokyo 2009
Body and Soul 1 Body and Soul 2

ageHa (新木場)
http://www.ageha.com/
21:00~6:00

< DJ >
Joaquin"Joe"Claussell
Danny Krivit
Francois K.

< LIVE >
Joi

ADV 5,500YEN  DOOR 6,500YEN
PREMIUM TICKET [100 TICKETS! / e+ only! ] 
●with T-SHIRT 8,500YEN
●with 2F GALLERY SEAT 8,500YEN
●with T-SHIRT+2F GALLERY SEAT 10,500YEN
MORE INFORMATION:
brand new made inc. (03)5410-1470 http://www.bnm.co.jp

NYの伝説のパーティ"Body&Soul"がこの秋ageHaにやってきます。
Joe Claussell、Danny Krivit、Francois K.という豪華レジデントDJによる夢の一夜。
お台場や国技館にて、毎回数千人を集めるこのパーティでJoiがLive。

06 10/2009

続、Canada。

雑感トラックバック:0コメント:0
もはや音楽さえ必要なかった。

カナディアンロッキーとよばれる山岳地帯では、圧倒的質量の大自然に囲まれることになります。
視界に飛び込んでくるものの全てがこれまでの価値観を全否定してくる。
そんな光景でした。

ロッキーマウンテン ロッキーマウンテン2

氷河の溶けた水がながれこんでくる湖はエメラルドグリーンに輝き、あたりの静けさに磨きをかける。
レイク・ルイーズの絶景には言葉も出ない。

レイクルイーズ

コロンビア大氷原に広がるあまりにも時間性を無視した氷河の流れの上に、特殊な車両で近づく。
かの冒険家、植村直己氏をも魅了したこの大氷原にも地球温暖化の影が忍び寄り、年々その面積を狭くしているそうです。

コロンビア大氷原

最後に立ち寄った「ボウの湖、ボウ湖、ボウ・レイク」(カナディアンロッキーの深い知識を持つ超スペシャルなガイドさんのキメ台詞)では、これまでにない圧倒的なエメラルドグリーンに出会いました。

ボウレイク

ボウ川下り、乗馬と楽しい時間はあっという間に過ぎました。

川下り 乗馬

そしてカナダ、バンフ地方は紅葉ならぬ黄葉につつまれ、厳しい冬を迎えます。
僕たちは逃げるように、帰国の途につきました。

Thank you Canada!!
05 10/2009

Canada。

雑感トラックバック:0コメント:2
カナダの空はまったく広すぎて、僕は空を知らなかったんだと感じました。

今年は日本の暦の都合上、9月にゴールデンウィークならぬ、シルバーウィークという大型連休がありました。(敬老の日をはさんだ連休というダブルミーニング)
これを利用して、カナダに旅してきました。

これまで海外といえば文化系チョイスばかりで、大自然系にどうしても行きたいということでベタながらカナダを選択しました。

カナダといえばナイアガラ。
すぐ横に立つSkylon Towerからの眺めは圧巻です。

スカイロン

なんとこの展望レストラン、レストランそのものが少しずつ回転しており、どの席へ座ってもこの圧倒的な眺望が得られるのです!

ナイアガラ

落差50M、水量は世界の淡水の1/4。

ナイアガラアップ

息をのむ絶景。

ナイアガラアップ2

夜は色とりどりのライトアップがなされ、まっちがった雰囲気になります。

ナイアガラライトアップ

それとちょっとだけラッキーだったのは、金曜日限定での花火の打ち上げに出くわしたことでした。

花火

地球ってすばらしい。
この旅の間中、ずっとそう思っていました。
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。