-- --/--

スポンサーサイト

スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
13 09/2009

副賞、ゴーギャン、ミュージカルな週末

雑感トラックバック:0コメント:0
200909商品
Earth Mix 準グランプリの副賞が届きました。
多くのプロミュージシャンご用達の定番のオーケストラ音源です。
これで、今やってるストリングスアレンジコンテストにも出ちゃうか?(嘘)
肝心の作品のリリースはもう少し先になりそうです。お楽しみに!

200909ゴーギャン
ボストン時代の僕の部屋の近所には、ボストン美術館がありました。
そのボストン美術館でもっとも重要な作品がこのチケットにもある、
“我々はどこから来たのか 我々は何者か 我々はどこへ行くのか”
というゴーギャンの作品です。

この絵を初めて観た時の衝撃は今でも忘れられません。
この絵に隠された意味はまったく知りませんでしたが、それでも関係なく僕の心をとらえました。
その最高傑作がこの日本で初公開ということで、行って来ました。

どことなく、久しぶりの再会という感覚でした。
改めて、感動。
まだもうちょっと観られます。
是非。↓
ゴーギャン展

200909ミュージカル
朋友はんだすなをまゆげ(佐野まゆ香)出演のミュージカル、
One on One パフォーマンスライブ「歓喜の歌【ヨロコビノウタ】」
作・演出・音楽:浅井さやか
を観てきました。
すばらしかったです。
いろいろミュージカルは見てきましたが、このミュージカルの創意工夫には目を見張る。
小さなステージが何倍にも大きく感じられる。
表現に限界は無い。人間の方にあるだけ。
スポンサーサイト
09 09/2009

Earth Mix 準グランプリ!

告知トラックバック:0コメント:0


8/31〆切の音楽コンペティション“Earth Mix”に参加しました。
先日結果が公式発表となり、僕の作品「Kaleidoscope」がメインカテゴリーである“スイーツ王国さっぽろ公認「SWEETS&JAZZ部門」”の準グランプリに輝きました!↓
http://www.crypton.co.jp/mp/pages/special/earthmix/result.jsp

特典として、iTuneをはじめとする全世界でのネット配信の確約をいただきました。

ちょっと予想外のことに戸惑ってはいますが、自分のやってきた方向性に一定の評価がくだったんだと理解しています。

要は、とってもうれしい!!ということです。

新たな情報があればまたこの場にて報告させていただきます。
まずは取り急ぎ、ご報告まで。
※曲は随時My Spaceにアップさせていただきます。


http://blog.crypton.co.jp/mp/2009/09/_earth_mix_2.html
スイーツ王国さっぽろ公式HP
03 09/2009

After Live at 梁田寺

音楽トラックバック:0コメント:0
みんなで太鼓

8/29の「かがり火の中の和太鼓コンサート 」無事に終了しました。
明るい時間から、太鼓まみれの一日となりました。
参加された皆さん本当にお疲れ様でした。

太鼓とはすばらしい表現力を持った楽器だと言うことが本当に分かりました。
健常者も障害者も関係なく楽しむことが出来、大人数での合奏はそのエネルギーだけで感動をさそうすばらしい時間となります。

そして、友野龍士くんとのセッションが始まりました。

本堂でトリオ

まずは本堂でのPianoの渡辺かずきさんを交えたトリオ演奏。
フリーインプロビゼーションだったのですが、3人の息を合わせてなかなかのインタープレイが出来たように思います。
観客の皆さんの反応が予想以上によくて、このコラボレーションが上手くいっていることを実感しました。
ステージ後ろに鎮座される仏様も楽しめましたでしょうか。

境内でDuo

そして、境内に出ての龍ちゃんとのDuo演奏。
リハとはまったく違う内容となりましたが、息の合ったDuo演奏でしばしば見られる、偶然の音楽的一致も一度だけじゃなかったと思います。
そういうのが、どんどん演奏内容も見ている側のテンションも上げて行くんです。

境内でDuo2

通り雨が心配されていたのですが、星も見え隠れする空模様となりこのセッションを楽しむことが出来ました。

大迫力Last Session

最後は本日最大人数での大合奏。
腹の底からあふれる音の洪水、エネルギーの放射に負けないように異色の存在であるテナーサックスを響かせました。
それにしてもエルビン・ジョーンズが脳裏に浮かぶのはなぜなんでしょう?

ともかく、すばらしいイベントとなりました。
スタッフの皆様、ご来場いただきましたお客様、関係者の皆様に感謝します。
また、次回のオファーも早速いただきましたので、きっとまたこの場で告知できると思います。
和太鼓&サックスの異文化理解はこの先も進んでゆきます!
http://www.ohana-group.com/
blog
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。