-- --/--

スポンサーサイト

スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
24 06/2008

6/28は「たまプラーザ」です!

告知トラックバック:0コメント:0


6/28はライブでございます。
気軽でアットホームなハンバーガーのうまい店で、Piano望月慎一郎とのDuoでございます。
最寄りは東急田園都市線「たまプラーザ駅」ですが、そこからの行き方を絶妙な文章でお贈りします。
ではどうぞ!

東急田園都市線 たまプラーザ駅下車 徒歩7分
改札を右に出たら、正面に東急ショッピングセンターがありますので、左手に進んでください。そのまま道なりに(少し右カーブしながら)ひたすらまっすぐ!交差点を渡り、さらにそのまま坂を上がると、右手にわれらがマルディグラが!!目印は、黄色い看板等身大のインディアンの人形


ミュージックチャージも極リーズナボ~。
ご来場お待ちしておりますm(_ _)m



--Duo Live at MARDIGRAS--
'08/6/28(sat)
Open 18:00~
LiveTime 20:00~ & 21:00~
Charge 500+1order

Sax:栗原晋太郎
Piano, Key:望月慎一郎

たまプラーザ MARDIGRAS(マルディグラ)
神奈川県横浜市青葉区美しが丘1-11-6 第五キングビル1F
TEL:045-903-5020

クーポンあります↓
http://gourmet.mobile.yahoo.co.jp/shop?lid=0001373709



スポンサーサイト
21 06/2008

松井冬子さん

雑感トラックバック:0コメント:0
松井冬子さん。

日本画家、それも幽霊画をメインモチーフとする画家。
そういうこと関係なく、とんでもない美人でもあります。
たまたま、NHK教育の深夜枠で見てしまいました。
すげ~。
本当にすげ~。
自分の不勉強が悲しい。
これほどの才能が、こんな島国にいたなんて…
“痛み”の中にある“美”。


僕はミュージシャンだから、もし聴かずに死んだら悲しいだろうなという作品をいくつも知っています。
文学も美術も映画も、なんというか芸術に関しては体験せずに死んだら悲しいっていう感覚がハッキリあるんですよね。
だから見つけると本当に得したって純粋に思う。

松井冬子さん。

一瞬にしてファンになりました丸尾末広さんという絵描きも大好きだったけど、この人も一瞬で好きになりました。

いろいろな意味で、公式のLINKだけ紹介します。

http://matsuifuyuko.com/

16 06/2008

6/28 たまプラーザ!!

告知トラックバック:0コメント:2


僕が西遊記というバンドにお世話になっていたということは、知っている人は知っている情報ではありますが、そのメイン・ヴォーカルの一翼を担っているんヨウペイちゃんのプロデュースするLiveにまたまた参加させていただくことになりました!!
今回で2回目になるこのイベントですが、実はかなりクリエイティブなLiveとなっております。
望月慎一郎のPianoと僕のSaxだけで贈る、めくるめくWonder World。
目をつぶって聴いていただければ、きっと何かが生まれるはず。
店の看板、ハンバーガーも最高においしいです!
しかも、チャージは500円
駅からすぐですから、なにげにおたちより下さい!

:Duo Live at たまプラーザ マルディグラ
6/28(土)
Start 20:00~, 21:00~
Music Charge: 500!!!!
Sax: 栗原晋太郎
Piano, Key: 望月慎一郎

神奈川県横浜市青葉区美しが丘1丁目11-6第5キングビル1F
045-903-5020


たまプラーザ マルディグラ

クーポン有ります!↓
http://gourmet.yahoo.co.jp/0001373709/


11 06/2008

「人間が一人もいなくなった後の地球」

雑感トラックバック:0コメント:0
先日テレビで見た映像はそれはそれは衝撃的でした。
ちょっと前になるので、はっきりタイトルなど覚えていませんが、なにしろ「人間が一人もいなくなった後の地球」を映像で見せるという企画でした。
それは世界の名だたる学者や有識者が何十人かが結集したプロジェクト。
それによれば、一日で世界中の電気が止まって(発電所動かす人もいないわけですから当然)、一週間で犬を中心とするペットたちの飢餓が始まり(はしぶとく生き残るそうです)、スーパー等にあるの食材が腐ってゆく。
その後、雑草が勢いよく伸びて、舗装された地面や人口の建造物を覆いだす。
雑草を食す草食動物が増え出すと、それを補食する肉食獣も増えていく。
名だたる建築物は100~200年で完全に崩壊し、街に野生動物が闊歩しはじめる。
興味深いのは、人間がいた痕跡はどういう形で残るのかというくだり。
ハードディスクやCD等のデジタルデータは一番先に使い物にならなくなり、湿度管理の受けられない書物は土に帰る。
唯一残るのは、エジプトの壁画など石に刻まれた情報だけ。
建造物も、石で出来たピラミッドや万里の長城なんかは残ると予測されているみたいです。

結論は、人間は地球にとってじゃまな存在なんじゃないかと言うこと。
病原菌に近い。

10000年後には、自然は完全に復活したくさんの命が力強く生きる世界が再生している。

自然はそんなにヤワじゃない。
人間はこの地球を支配しているんではない、住まわせてもらってるんだと言うことを忘れないようにしなければならない。

まぁ、恐ろしい話でした。

その数日後、かなり久しぶりに「風の谷のナウシカ」を観ました。
そのメッセージは、科学者たち作り出した映像とかぶってまた怖いほどでした。
04 06/2008

Flute

音楽トラックバック:0コメント:0


こうやってまじまじと写真とか取ってみると、ずいぶんといぶし銀になってきたなと感じます。
Fluteに取り組んでもう何年になるだろう。
Saxに比べると関わってきた時間が短すぎて、逆に楽しんで関われるんですね。

何というか、クラシックのFluteとはまた別ジャンルといいますか、全然違う音が出てくるんですよ。
これはもうSax吹きの吹くFluteというジャンルにしていただきたいですね。
そのジャンルとしては、結構味のある音出してます。
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。