-- --/--

スポンサーサイト

スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
17 04/2015

JASRACのもろもろ。

雑感トラックバック:0コメント:0
音符がひらひら

JASRACの使用料徴収方式をめぐる訴訟 東京高裁判決が確定する見込み

ライブハウスやBGMを流している飲食店等は、著作者に対しその使用料をJASRACを通して払っているという前提があります。
JASRACとは、音楽著作権のもろもろを専門的にやっている会社です。
JASRACの包括契約はよく知られており、個々の店で実際にどんな曲を使ったか計測するのは不可能なので、利益から一定の割合で著作権使用料を取ります。
放送局でも、飲食店でも営利目的で音楽を使っている場合は適応されちゃうんですね。
ただ、ミュージシャン側から言わせると、例えばライブでJASRACに登録された自分の曲を自分で演奏してもその使用料をもらったためしがないというジレンマ。
爆風スランプのファンキー末吉さんもご自身のブログでこのお話を展開し、JASRACと戦っておられます。
http://www.funkyblog.jp/2009/09/jasrac.html

ミュージシャンにとっては著作権使用料は重要な収入です。どんぶり勘定で徴収してどのように分配しているのかは全く不透明というのではたまったものではありません。
例えば、通信カラオケの様に何曲歌われたかがハッキリカウント出来るような仕組みがあれば、公正に取引ができます。
しかし、飲食店のBGMやDJなんかでは正確に流した曲をカウントするなんて不可能です。

JASRACの闇は本当に深いです。

例えば、1000人入る会場でJASRACに登録された曲を使ってライブをやった場合、その会場が満席になったという前提で{チケット代×1000人×曲数×JASRACが指定した%}という使用料金が請求されます。ライブハウスや飲食店では更に営業日数をかけて請求されるので、それをキッカケにお店をたたんでしまうという現象が起きます。

著作権は守ってほしいけど、これは難しい問題です。

その上で、今回のこのニュース。
少し切り口が違いますが、この包括契約が新規に著作権を管理する会社を圧迫しているという内容です。
包括契約がある以上、JASRACに支払っていればそこに登録された曲は好きなだけ使える。新規の会社が持っている楽曲を使ってしまうと、余計な支出が増えてしまいます。
そこに独占禁止法の違反があるんじゃないかという裁判です。

高裁がこれを認めれば、山が動くんでしょうか。

スポンサーサイト
01 04/2015

また切り捨て御免かよ、apple。

雑感トラックバック:0コメント:0
http://jp.techcrunch.com/2015/03/10/20150309apple-decries-death-to-all-the-portsky8k6vw29y/
音楽を作るためにコンピュータを使うんですが、一番初めは肌色Macを使っていたんです。
スタバでドヤ顔するためじゃなくて、僕が通っていた学校で推奨されていたVisionというソフトを使うためにだったんです。
しかし、そのソフトメーカーであるところのOpcodeという会社( http://ja.wikipedia.org/wiki/Opcode )が潰れてしまいVisionの開発もストップしてしまったのです。
途方に暮れましたが、当時の日本の代理店(カメオ!)がCubaseというソフトに格安で移行させてくれるということで仕方なくそちらに移りました。
CubaseはMacとWindowsのハイブリッド・ソフトで、当時はどちらかと言うとWindowsの方が良いパフォーマンスが出ていたという情報が一般的でした。
その流れも有り、元来のオタク的な傾向もあって自作PCへの興味が募り、僕のPC人生はWindowsへと大きく舵を切りました。
Windowsのメリットは、なんといっても新旧の互換性です。
OSがメジャーアップデートを行ったとしても、意外に古いソフトがそのまま使える事が多いのです。
ハード的にも自作PCというのがあるくらいで、自由にインターフェイスや構成を選ぶことが出来ます。まぁ、そのせいでトラブルが起こった時にその特定に時間がかかるのも事実ですが…。
ぼくが当時使っていたMac OSは漢字トークなんて呼ばれていました。その時のバージョンは不確かですが7.Xだったように思います。そしてメジャーバージョンアップをするたびに使えなくなるソフトが出てきて、使用ソフトもバージョンを上げざるをえません。それでも確かOS9くらいまでは使っていたような気がします。
ハードも昔はMacOS互換機というのがあったりして自由度も高かったんですが、いつの間にかそういうのもなくなりました。
つまりアップルが規格を変更すれば、ユーザーはそれについていかざるをえない。
スタバでドヤ顔するのも楽じゃないんだから、せめてそのくらいはさせてあげたい(笑)。
そしてまた今回も冒頭のリンクにあるように、切り捨て御免ですよ。
僕はWindowsを選択します。でもスマホはiPhoneです。
03 04/2014

STAP

雑感トラックバック:0コメント:0
なんか、許せないなぁ。
とにかく、トカゲの尻尾切り感が半端ない。

STAP細胞の件です。

あの記者会見、ほとんどを小保方さん個人のせいにして他のおじさんは無罪放免っていう風に見えるよね。
別に擁護したい訳じゃないけど、彼女は頑張ったんじゃないの?
一番大事なのは、例のSTAP細胞があるかないかってことなんだし、その検証には一年かかるんでしょ?なら、今そんなトカゲの尻尾切りしてもどうしようもないでしょう?
しかも、その一年後に実在すると確認されたらどうするつもりなんだ?

結果をクリアに見せたいから、画像の切り張りしたんなら悪意は無いでしょう。いや、仮に悪意あってもSTAPが実在するならいいじゃん。
周りの大人は、新しいアイデアを正しく検証してあたたかく見守るべき。そうでないと、若い研究者なんて出て来られないよ。

潰したいなら、その結果の出る一年後に潰せばいい。
周りを囲んでいた大人達はもちろん、会社も一緒にね。

この問題は、ある意味根深いと思うんです。
新しいアイデアを持った人が自由に表現できる場を失うような危機感を覚えます。
日本には本当はもっと素晴らしい若者がたくさんいるんじゃないかな?

例えば科学なんていう分野に関しては、某国に渡ったほうが自由に研究できる。
国家的な援助体制が整ってるからね。
しかもそれがその国のエンジンになるってわかってる。

新しいアイデアには賞賛を持って迎えようよ。
多少の小さい間違いなんていいじゃない。不正があったっていいじゃない。
それを超える新発見が、夢があるんだから。

一年後に本当にSTAP細胞がなかったって証明できるのかね?
そんな考えしか無いあんた達に。
その労力を、存在するって方にかければひょっとしてミラクルが起きるかもしれないよ。

なんて思いました。
05 03/2014

日本の伝統音楽

雑感トラックバック:0コメント:0
Eテレでやっている、schola/坂本龍一 音楽の学校というのを録画して見ています。
少しずつ追いかけながら見ているので、今は日本の伝統音楽の3回目、能と狂言。
恥ずかしながら、僕はほとんどその辺を聴いたことがない。
それらで使われる音楽は世界的に見ても珍しいものだそうで、とても奇妙だけど、どうにも美しい。

一人の研究者は、大陸から入ってきた雅楽や西洋音楽のように、理路整然とアレンジされた音楽だけでは日本人の感覚に完全にはマッチしていなかったのではないかという見解を語っていた。

演者である野村萬斎さんは、狂言の音楽は拍子(ビート)有りきで音を紡いでいるのではなく、高まった気を当てたところにたまたまアクセントが生まれ、ビート的な物ができるような感覚があるというような事を語っていた。
これには出演者みなが同感であるらしかった。

それはとても精神的で、ある意味非常に曖昧でランダムなところに妙味があるということなのか?

能や狂言はある種、舞踏(ダンス)でもある。
であれば、同じ音型の繰り返しはとても重要なんだろうと思っていたので、意表を突かれた。

最後に演奏された能で使われる音楽は、曲としての体をなしている様には感じられたのだが、どこまで決められた音を出しているのかは結局分からなかった。
笛なんかは日本の旋法(モード)によるインプロなのかな?
全体として拍子を感じないことも無いんだけど、ビートに頼るんではなく、息を合わせる事でタイミングを図っている様に見える。なにしろ、演奏者は全くアイコンタクトを取らない。自分と他の出す音にとにかく集中している。

すごい集中だ。

ビートがはっきりと介在していれば、合わせるのも容易いが、気配とか呼吸とかそういう曖昧模糊としたものを頼りにアンサンブルを組み立てるのはものすごく大変だろう。

編成は打楽器3人+笛。4人の演奏は鬼気迫るものがあった。本当に何かの儀式で、死者が顕在化しそうな勢いだった。

当然のように、後期コルトレーンが目指した音を連想したのは言うまでもない。
28 06/2013

東京ポッド許可局

雑感トラックバック:0コメント:0
ある芸人さんをきっかけにPod Castで音声コンテンツを聞いています。
さらにそれをきっかけとして、AMラジオを聴くようになりました。
特にサブカル系、報道系をよく聞いています。
もともと社会情勢などにあんまり明るくなかったんですが、ニュース番組で専門家の解説を聞いているといつの間にか少しずつ分るようになってきました。
サブカル方面も同様で、世の中ホント分厚い知識と熱量を持った人が沢山いるんだなといつも感心しています。
車に乗っていた時分、音楽中心のFM番組ばかり聞いていましたがその時は自宅に着いてまで聴きたくなるような番組は全くなかった。
なんか、ラジオなんてそういうもんだと高をくくっていました。
中学時代には深夜放送ブームもあってよくお笑い番組を聴いていましたが、今ほどは夢中になっていませんでしたね~。

まず、そういったきっかけになった番組が「東京ポッド許可局」です。
タイトル通り、Pod Castオンリーで自主制作されてた番組なんですがあまりの人気でこの春からTBSラジオで地上波に移ったんです。
マキタ・スポーツさん、プチ鹿島さん、サンキュウ・タツオさんの芸人3人が毎回「~論」と題して一つのトピックを語るという番組。
この3人がかなり凄い。
時折目から鱗が落ちるような発言があり、そういう瞬間の御3人のグルーブする感じがたまらんのです。地上波に降りても、その切れ味は全く変わりません。是非聴いてみて下さい。
その中のプチ鹿島さんとは10年ほど前にご縁があり、その関係で聴き始めたんですよね。
ホント、聴いてよかった!

http://www.tbsradio.jp/tokyopod/
もちろん、Pod Castでも聴けます。
https://itunes.apple.com/jp/podcast/tbsrajio-dong-jingpoddo-xu/id622523441?mt=2
 » »
  • 09/2017
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 11/2017
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。