17 04/2015

JASRACのもろもろ。

雑感トラックバック:0コメント:0
音符がひらひら

JASRACの使用料徴収方式をめぐる訴訟 東京高裁判決が確定する見込み

ライブハウスやBGMを流している飲食店等は、著作者に対しその使用料をJASRACを通して払っているという前提があります。
JASRACとは、音楽著作権のもろもろを専門的にやっている会社です。
JASRACの包括契約はよく知られており、個々の店で実際にどんな曲を使ったか計測するのは不可能なので、利益から一定の割合で著作権使用料を取ります。
放送局でも、飲食店でも営利目的で音楽を使っている場合は適応されちゃうんですね。
ただ、ミュージシャン側から言わせると、例えばライブでJASRACに登録された自分の曲を自分で演奏してもその使用料をもらったためしがないというジレンマ。
爆風スランプのファンキー末吉さんもご自身のブログでこのお話を展開し、JASRACと戦っておられます。
http://www.funkyblog.jp/2009/09/jasrac.html

ミュージシャンにとっては著作権使用料は重要な収入です。どんぶり勘定で徴収してどのように分配しているのかは全く不透明というのではたまったものではありません。
例えば、通信カラオケの様に何曲歌われたかがハッキリカウント出来るような仕組みがあれば、公正に取引ができます。
しかし、飲食店のBGMやDJなんかでは正確に流した曲をカウントするなんて不可能です。

JASRACの闇は本当に深いです。

例えば、1000人入る会場でJASRACに登録された曲を使ってライブをやった場合、その会場が満席になったという前提で{チケット代×1000人×曲数×JASRACが指定した%}という使用料金が請求されます。ライブハウスや飲食店では更に営業日数をかけて請求されるので、それをキッカケにお店をたたんでしまうという現象が起きます。

著作権は守ってほしいけど、これは難しい問題です。

その上で、今回のこのニュース。
少し切り口が違いますが、この包括契約が新規に著作権を管理する会社を圧迫しているという内容です。
包括契約がある以上、JASRACに支払っていればそこに登録された曲は好きなだけ使える。新規の会社が持っている楽曲を使ってしまうと、余計な支出が増えてしまいます。
そこに独占禁止法の違反があるんじゃないかという裁判です。

高裁がこれを認めれば、山が動くんでしょうか。

14 04/2015

リリース情報 4/10「STRAWBERRY MUSIC Vol.2」

告知トラックバック:0コメント:0


昨年夏に続いてシリーズ第二弾、女性向けアパレルメーカーearth music&ecologyがプロデュースする「STRAWBERRY MUSIC Vol.2」が4/10に発売となりました。
多くの曲を我らがJoiさん( Joi's Blog )がプロデュースしており、今回も一曲目、Here with meという曲にテナーで参加しております。
僕が今回この曲での自分の立ち位置としてテナーにこだわったのには理由があります。
ボーカルの紗理さんは、なんとベテランテナープレイヤー、中村誠一さんの娘さんだというのです。
その昔、私の師匠であるところの武藤賢一郎先生からこの中村誠一さんをご紹介いただき、レッスンを受ける算段になっていたんですが、タイミングが噛み合わず結局レッスンを受けるとこは出来なかったという薄いご縁が有ります。
この音が中村さんに届くとは思っていませんが、なんとなく今回のレコーディングではJoiさんご要望のソプラノよりもテナーがフィットすような気がしたのです。
コチラ↓に全曲試聴がありますので、是非聴いてみて、そして買って下さい。
https://soundcloud.com/strawberry-music-japan

※STRAWBERRY MUSIC一枚目の当ブログ記事はコチラ↓
http://saxman220.blog94.fc2.com/blog-entry-212.html?sp


_________________________________________

☆☆earth music&ecology オリジナルCD 第2弾☆☆
『STRAWBERRY MUSIC Vol.2』
4/10にearth music&ecologyショップ限定リリース ♫
__________________________________________

earth music&ecologyがプロデュースする世界一甘~い音楽レーベル『STRAWBERRY MUSIC』の第2弾CDが
earth music&ecologyショップ限定で4/10リリース!
超キュートなスペシャル・パッケージ仕様に、新進気鋭の女性アーティストたちによる春らしい心躍るHAPPYでガーリーな新曲が満載♡

♫全国のearth music&ecologyショップにてパワープレイ中♫


『STRAWBERRY MUSIC Vol.2』 ¥2,000+tax

01. Here With Me / 紗理
02. Singing Like The Birds / 横沢ローラ
03. Carnival / Chima
04. Thinking About You / MIWA
05. Winter Fairy Tale / Snow
06. Lua Secreta / Karen
07. Bon Appétit / Reina Kitada
08. Parade Parade / 横沢ローラ
09. Saturday / Chima
10. Late Night Call / Kinder Bay Laurel


全曲試聴はこちら♫(PCもしくはスマホのみ対応)
https://soundcloud.com/strawberry-music-japan



earth music&ecology オンラインショップ
http://www.earth1999.jp/


13 04/2015

リリース情報 4/16「Say That You'll Stay/ Collioure feat. MIWA」

告知トラックバック:0コメント:0


もう結構長い付き合いになる、シンガーソングライターのMIWAちゃんの新曲「Say That You'll Stay」が4/16にリリースされます。
今回もソプラノサックスで参加させていただきました。
彼女の真骨頂はHouse Musicにおいて最も発揮されるわけですが、今回はR&Bテイスト溢れる仕上がり。この感じ好きです。
Sound Cloud で試聴も出来るようなので、是非聴いてみて下さい。↓
https://soundcloud.com/reimeimusic/collioure-feat-miwa-say-that-youll-stay

※以下はオフィシャルのコメントです。
-----------------------------------
REIMEI MUSIC13番目のリリースはCollioureとシンガーソングライター、作詞家、ボーカリストとしても活躍するMIWAによるコラボレーションシングル。
R&B, NuDisco, ChilloutのテイストがミックスされたCollioureらしい繊細なトラックメイキングと、そこに重なるMIWAの美しいウィスパーボイスとボーカルアレンジメントが心地よい。SAXには数多くの著名アーティストのスタジオ作品やライブ活動を行う栗原晋太郎氏が参加。煌びやかかつ高級感あふれる仕上がりになっている。
------------------------------------

品番:RMD 13
アーティスト:Collioure feat. MIWA
タイトル:Say That You'll Stay
レーベル:Reimei Music
ジャンル:Crossover / Jazzy / Lounge
リリース日:2015/4/16
HP URL : http://www.reimei-music.com

------------------------------------
06 04/2015

まさかの腰痛発覚からの花見2015。

Lifeトラックバック:0コメント:0
2015桜@代々木公園

今年の桜は思いの外暖かくなった3月のせいであっという間に満開になって、瞬く間に散ってしまいそうです。しかも週末の度に雨模様。
関係事務所恒例の花見はなんだかんだで今年は平日開催。トイレに列の無い花見@代々木公園は素晴らしすぎました。
自分のFacebookが昨年のこの時期の投稿を見せてきました。
同じように満開の桜の写真を投稿している自分。
時間は確実に経過しているんですが、なんにも変わっていないようなおかしな感覚です。

そう言えばこの桜の季節、ハーフマラソンに再挑戦しようと意気込んでいたんですが、まさかのヘルニア発症。2週間くらい痛くて練習できず断念する事になりました。

非常に残念。

今回は家族のレースのサポートに徹しました。
雨のなか非常に大変ではあったんですが、たくさんの笑顔も見られましたので良しとしましょう。(この雨の中、10キロを1時間ちょっとで走りきった嫁スゴイ。)

しかし、あんまり腰痛とかやったことなかったんだけどそう診断されると少し落ちますね。
今後回復の暁には、腹筋周りの筋力アップに取り組むことになります。
一生です。
でないと多分再発。
2015桜@越中島

そんなこんなで、花見でその話をすると意外にたくさんの腰痛持ちさん発見。少し気が楽になりました。みんな人知れず痛みを抱えてたのね…。
新入社員ならぬ、新人腰痛さんデビューしましたので、ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いします。
m(_ _)m

※写真はいつも花曇りの今年の花見です。
01 04/2015

また切り捨て御免かよ、apple。

雑感トラックバック:0コメント:0
http://jp.techcrunch.com/2015/03/10/20150309apple-decries-death-to-all-the-portsky8k6vw29y/
音楽を作るためにコンピュータを使うんですが、一番初めは肌色Macを使っていたんです。
スタバでドヤ顔するためじゃなくて、僕が通っていた学校で推奨されていたVisionというソフトを使うためにだったんです。
しかし、そのソフトメーカーであるところのOpcodeという会社( http://ja.wikipedia.org/wiki/Opcode )が潰れてしまいVisionの開発もストップしてしまったのです。
途方に暮れましたが、当時の日本の代理店(カメオ!)がCubaseというソフトに格安で移行させてくれるということで仕方なくそちらに移りました。
CubaseはMacとWindowsのハイブリッド・ソフトで、当時はどちらかと言うとWindowsの方が良いパフォーマンスが出ていたという情報が一般的でした。
その流れも有り、元来のオタク的な傾向もあって自作PCへの興味が募り、僕のPC人生はWindowsへと大きく舵を切りました。
Windowsのメリットは、なんといっても新旧の互換性です。
OSがメジャーアップデートを行ったとしても、意外に古いソフトがそのまま使える事が多いのです。
ハード的にも自作PCというのがあるくらいで、自由にインターフェイスや構成を選ぶことが出来ます。まぁ、そのせいでトラブルが起こった時にその特定に時間がかかるのも事実ですが…。
ぼくが当時使っていたMac OSは漢字トークなんて呼ばれていました。その時のバージョンは不確かですが7.Xだったように思います。そしてメジャーバージョンアップをするたびに使えなくなるソフトが出てきて、使用ソフトもバージョンを上げざるをえません。それでも確かOS9くらいまでは使っていたような気がします。
ハードも昔はMacOS互換機というのがあったりして自由度も高かったんですが、いつの間にかそういうのもなくなりました。
つまりアップルが規格を変更すれば、ユーザーはそれについていかざるをえない。
スタバでドヤ顔するのも楽じゃないんだから、せめてそのくらいはさせてあげたい(笑)。
そしてまた今回も冒頭のリンクにあるように、切り捨て御免ですよ。
僕はWindowsを選択します。でもスマホはiPhoneです。
 » »